Hyurakuのエンジニア日誌

SE出身Webエンジニアのブログ

よく使うHomebrewのコマンドをまとめてみた #3

環境構築でお世話になっているHomebrewでよく使っているコマンドを振り返った。

1. Homebrewとは

Mac専用のパッケージ管理ツール このツールを使ってパッケージをインストールできる。 下のコマンドでMacにインストールできる。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewの公式サイト
Homebrewのリポジトリ

2. よく使うコマンド

  • install
    使い方: brew install インストールしたいパッケージ名
    このコマンドで最新版の特定パッケージのインストールできる。
    ただし、最新版ではなく古いパッケージをインストールしたい場合はこのコマンドだけではできない。
    またアンイストールする際はbrew install アンインストールしたいパッケージ名と実行する。

  • search
    使い方: brew search パッケージ名
    brewを使ってインストールできるパッケージを調べることができる。
    もしも古いパッケージがインストールしたかったらこのコマンドを使うと便利。

  • edit
    使い方: brew edit パッケージ名
    パッケージをインストールするために必要なファイル(Formula/パッケージ名.rb)を編集できる。
    brew searchをしてもパッケージが見つからなかったらファイルを編集するのもあり。

  • info
    使い方: brew info パッケージ名
    特定のパッケージの情報(バージョンやパッケージの詳細、GitHubでのリポジトリのURL)を確認できる。

  • list
    使い方: brew list
    自分がインストール(brew install)したパッケージの一覧を見ることができる。

  • help
    使い方: brew help
    brewで使用できるコマンドの一覧を確認できる。

ほかにもbrew updatebrew upgradeを使ってパッケージやbrew自体をアップデートできる。